読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梓の森脇

ようやく婚活に乗り出したばかりの時に、男性とのデートの機会がありました。
結婚相談所で紹介された方です。優しい感じの方で、私の婚活も報われるかもしれないなんて思っていたのですが、なんと、彼は経歴を詐称していたのです。彼の言うことを信じていた私は、裏切られたショックで一杯でした。


そうは言っても、彼のプロフィールに騙されることがなければ会ってみる気にすらならなかったと思い直し、条件で人を評価してしまっている自分に気付き、嫌な気分になります。
近頃は婚活サイトを利用する方が増えてきたようです。これは、スタッフが仲介する形の結婚相談サービスと比べ、大変使いやすいと言えるでしょう。



従来型の結婚相談所の場合、まずスタッフに相談するというプロセスを踏むので、人と話すのが得意でない方には、どうしても敷居が高いです。他方、婚活サイトはWEB上のサービスなので、スタッフと直接やりとりしなくても多くの異性の中から希望に合致する相手を探して出会うことができるのです。


もっとも、会ってからは結局コミュニケーションが物を言いますが。

婚活中は大多数が可能な限り優れた相手と結婚したいと考えます。ですが、そういった邪な気持ちを優先しすぎると、ようやく会えた異性との関係性があまり良い方向には進まないのではないでしょうか。または、相手を選り好みしようと複数の異性をキープしておくと、必ず痛い目にあいますので、忘れないでいてください。婚活という言葉が話題ですね。結婚相談所というとその事務所に足を運び、相談所の方と面談するのが普通でした。
ですが、今では全く異なっています。最近は、誰とも顔を合わせず、ネット経由で婚活ができるというわけです。

夜の空いた時間などを使って、お相手を検索したり、メッセージで会話したりできるので、忙しくて婚活パーティなどに参加できない方でも婚活に参加できるというわけです。